投資で成功するコツ 投資信託

投資を初めてする方へ!〜現役銀行員がオススメする投資方法〜

2022年4月6日

「投資を始めてみたいけど、リスクもあるし、怖いなぁ・・・」

と悩んでいませんか?

実は、投資ってそんなに怖いものではありません。この記事で紹介することから始めれば、誰でも低リスクで資産を増やしていくことができます。

なぜなら、私もこの方法で初心者の頃から年間10%以上の利益を安定的に積み上げることができているからです。

この記事ではオススメ銘柄を3つ紹介して、どのように購入していくか等をご紹介していきます。

この記事を読み終えると、初心者のあなたも何から始めればいいか明確になり、資産を増やす第一歩が踏み出せるはずです!

初めての投資は投資信託がオススメ!

初めての投資。初心者は何から買えばいいの?

最初は投資信託から始めるのがオススメですよ

投資信託初級~中級1つの商品で分散投資が可能。銘柄選定が簡単。値動きが小さい
現物株中級~上級会社の分析が必要。銘柄によって値動きが大きく異なる。当たれば大きいが、大きく下落することも。
仮想通貨中級~上級将来性はあるが、値動きが荒い。価格の変動要因が初心者では掴みにくい。
FX上級大きな利益も期待できるが、投資額以上の損失が生まれることも。

投資というと株やFXを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、初心者が株やFXで勝つのは至難の技です。

株であれば、会社の財務状況を分析する必要がありますし、FXは為替をウォッチして短期で売買していかないとなかなか勝つことはできません。

初めて投資をされる方はプロが商品組成してくれている「投資信託」から始めてみましょう!

初心者は投資信託から始めてみましょう!

どうやって銘柄選定すればいいの?

分散投資されているものを選びましょう!

「投資信託」と言っても、様々な商品があり、それぞれの商品にテーマが決められています。

例えば、「日本の食品関係の会社に投資をする」「アメリカのハイテク系会社に投資をする」などです。

初めて投資される方はインデックス型のような分散が効いている銘柄を選定しましょう!

テーマが限定されているほど、リスクは高くなります。なぜなら、その分野がこれから伸びるのか分析しなければならないからです。初心者のうちは幅広い分野に分散投資されているものを選びましょう!

コストが安いものを選びましょう!

コストを比較する際に注目する点は3つ!

申込手数料率

申込手数料は簡単にいうと商品を買うときにかかる手数料。インターネットで購入すれば0のものも多数あります。銀行の窓口や証券会社の担当者に相談して購入すると申込手数料が2~3%かかるものを紹介されることもあるので気を付けてくださいね。

信託報酬率

こちらは商品の運用中にかかってくる費用。年間2%程度取られるものもあれば、年間で0.1%以下と安いものもあります。

信託財産留保額

こちらは売却の時にかかる手数料と思っておきましょう。かからないものが大半ですが、解約時に思わぬ費用が引かれないか購入時点で確認しておきましょう。

安定的に実績が出ているものを選びましょう

最初は価格が右肩上がりのものを選んでいきましょう。

初心者がタイミングを見て短期で売買していくのは難しいので、長期で安心して持てるものを選びましょう。

①幅広く分散投資されている、②コストが安い、③価格が右肩上がり、最初はこの3つの条件を満たしているものを選びましょう!

初心者にオススメする投資信託3選

ここからは現役銀行員の私がオススメする投資信託3銘柄をご紹介いたします。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

これ1本で全世界の株式に国際分散投資できる便利なファンド!

申込手数料率0%
信託報酬率0.1144%(年率)
信託財産留保額なし
トータルリターン(2022年2月末現在)
6か月-0.3%
1年+16.11%
2年+20.88%

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

成長し続けるアメリカを代表する企業約500社の株式にまとめて投資できます!

申込手数料0%
信託報酬率0.0938%(年率)
信託財産留保額なし
トータルリターン(2022年2月末現在)
6か月+2.29%
1年+25.71%
2年+26.10%

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

世界の株式・公社債・REIT(不動産投資信託)に分散投資しています。より安定的に運用したい方はこれ!

申込手数料0%
信託報酬率0.154%
信託財産留保額なし
トータルリターン(2022年2月末現在)
6か月-2.25%
1年+5.99%
2年+8.23%

初めての投資なら積立がオススメ!

最初から一括で大きく買うのはやめましょう!まずは少額で!時間の分散が大切です!

一括で買うタイミングを計るのは、初心者には厳しいです。どこが安値でどこが高値か見極めるのは正直プロでも難しいです。

まずは毎月一定金額をお給料からコツコツ買っていくのがオススメ!この方法をドル・コスト平均法と言います。

ドル・コスト平均法で投資しましょう!

ドル・コスト平均法ってどういうこと?

例えば、毎月同じ銘柄を1万円ずつ買っていくと仮定します。その商品が1万円のときに買える口数は1口。翌月、その商品が5,000円になっていたとします。すると、翌月は1万円で2口買えることになります。さらにその翌月、商品の価格が2万円になっていたとすると、1万円で買えるのは0.5口。

ドル・コスト平均法とは、買う金額を一定にすることで、自動的に安いときには多く買い、高い時には少なく買う仕組みができ、平均購入単価を抑えることができるのです。

NISAは活用しましょう!

NISAとは、簡単に説明すると非課税で運用出来る権利です。通常、運用して、利益が出ると利益に対して約20%の税金がかかります。

NISAを使うとこれが非課税になり、利益をそのまま享受することができます!

NISAには種類があり、成人が利用できるNISAは2つに分かれています。

一般NISA

年間120万円まで購入でき、最大5年間非課税で保有できます。

積立NISA

年間40万円まで購入でき、最大20年間非課税で保有できます。

一般NISAを使うか積立NISAを使うかは年単位で選択することになっています。年40万円以下の投資額なら積立NISAを利用し、年40万円超投資するなら一般NISAを選択しましょう!

2024年からNISA制度が一部改訂になるので、金融庁ホームページで要チェック!

つみたてNISAを始めるならマネックス証券がおすすめです!

マネックス証券

まとめ

①初心者は投資信託から始める

②「分散投資」「低コスト」「価格の右肩上がり」が銘柄選定のポイント

③買う時は時間の分散、NISA非課税枠の活用

何から始めようか悩んでいる方は、まずはこの方法で始めてみてください。

色々と知識を蓄積することも大切ですが、まずはやってみることが一番だと思います。

私も最初は怖かったですが、やってみることで初めてわかることが多いですし、やり始めてから投資信託が怖いと感じたことはありません。

もちろん多少の価格の上下はありますが、私はこの方法で初心者時代から年間10%以上の利益をコンスタントに積み上げることが出来ています。

是非、みなさんも一緒に投資を楽しみましょう!


  • この記事を書いた人

Sunday

「銀行を辞めたい銀行員による資産形成」をテーマに情報発信しております。 【収入】 給与50万円/月、不動産35万円/月、太陽光25万円/月、配当30万円/年 【保有資格】 ファイナンシャルプランナー1級 宅地建物取引士 【経歴】 国立大学卒業→メガバンク入社(入社12年目) 【投資先】 米国株、投資信託、仮想通貨、アパート、太陽光

-投資で成功するコツ, 投資信託